出来る範囲でセルフマッサージをしてみよう!

慢性的な腰痛はマッサージで改善しましょう


慢性的な腰痛を患っている場合は原因により対処方も異なってきます。骨盤の歪み等の場合にはマッサージでは解消は難しく整形外科等に通院する必要がありますが、単に筋肉組織の疲労が原因で生じていく腰痛の場合にはマッサージを施すことで腰痛の痛みを和らげていくことが出来るようになります。慢性的な腰痛の原因には腰のスジにコリが生じていることが挙げられます。患部に対して適切な圧力でマッサージを施すことが効果的ではありますが、自分では思うようにツボを抑えていくのも難しいはずです。家族や知人にツボの位置を把握してもらい適度な圧力でマッサージを施してもらいましょう。慢性的な腰痛の原因は大腰筋という腰回りの筋肉が固まることで生じます。大腰筋への効能のある丹田周りのツボを適度にマッサージしてもらい慢性的な腰痛の改善を施しましょう。

◆簡単!足のむくみにめん棒マッサージ


毎日立ちっぱなしだったり長時間歩いた時は、足がぱんぱんになってしまいとてもだるいですよね。そんな時にご自宅で手軽に簡単にできる足のマッサージをご紹介します。
まず、用意するものはお料理でも使う「めん棒」。木でできているものが理想です。こちらは100円ショップにも売っているので手軽に手に入るのではないでしょうか。あとはオイルやジェルなど滑りが良くなるものを用意してください。
まず、椅子に腰掛けて左の足裏の下にめん棒を入れて足でゴロゴロとマッサージをします。慣れてきて刺激が足りない方は立ってゴロゴロした方がより効果的です。その次に体育座りの姿勢になってふくらはぎにオイルを塗ります。めん棒を横にして持ち、足首から膝裏あたりまで下から上へとさするようにマッサージしていきます。力加減は、痛気持ちいぐらいで。左足が終わったら右足も同じようにしてください。だいたい片足5分ずつくらいで足がスッキリとしてきますので、ぜひお試しください。

◆マッサージのやり方について


マッサージは、疲労を回復したり、むくみを改善するなど様々な効果が期待することができます。ただし、セルフマッサージを行う場合には、いくつか注意点があります。注意点としては、リンパの流れに沿って行うようにする、力を入れすぎない、オイルやクリームなどを使って皮膚に負担をかけないようにすることが大切です。
その上でやり方としては、まずオイルやクリームを手で温めてからマッサージしたい部分に塗ってから行います。
小顔を目指したい場合には、鎖骨をさすってリンパの流れを良くしてから、耳の下から鎖骨に向かってにリンパを流した後、額を円を描くようにマッサージし、首の周りを指の腹でプッシュし、小鼻、顎、目の周りと優しく撫でていきます。
こめかみを軽く揉みほぐしたら、フェイスラインに沿って耳の下までリンパを流し、リンパを耳の下から鎖骨にリンパを流して完了です。

Comments are closed.